2018年 8月 の投稿一覧

ネイティヴに通じる発音の仕方:u と a

「もう1回言ってくれる?」
って英語でどう言いますか。

「I beg your perdon.」
「Perdon me.」
って答えは、実は間違ってます。
お堅い&古い表現なんですって。
今は「Sorry?」って言うのがナチュラルなんだそうで。

さて。
ネイティヴと会話をしていて「Sorry?」と言われることがありませんか。

それは、英語の発音がうまくできていないからです。

今回は、fanとfunのような、
“a” と “u”の発音と練習法についてお伝えします。

続きを読む

The Monkees の Day Dream Believerで英語学習[歌詞・和訳]

[歌いやすさ]易
[表現の難しさ]基本(高校)

現代日本人なら必ず聴いたことのある曲。
コンビニでも日本語でカヴァーされたのが流れてますよね。

歌いやすい曲ですが、歌詞は抽象的で解りづらい。
でも、実はこれ、「お金がなくっても幸せに生きれるよ」と歌ってるんですね。

ちなみに日本語カヴァーは、亡くなった母親のことを歌う、まったく別の歌詞をあてたらしいです。

続きを読む

ネイティヴに通じる発音の仕方:pと、sとsh

ネイティヴと話していて、「よく分からない……」という顔をされたことがありませんか。
文法的には間違っていないのに、小首を傾げられる。

そんなとき、
「あっ。発音が間違ってるんだな」
と分かって、ちょっとショックだったりします。

そんな悔しさに背を押され、発音練習に取り組んできました。
その中でも効果的だったヘタレ流の練習法をお伝えします!

続きを読む

One DirectionのLive While We Are Youngで英語学習[歌詞・和訳・カタカナ]

[歌いやすさ]易
[表現の難しさ]基本(高校)

最近とんと聞かなくなったONE DIRECTIONです。
なんでも「メンバーの一人が麻薬を使ったらしい」と報道されたそうで。
そんな噂の真偽はさておき、「人気が出過ぎて疲れた」という公式声明を出して活動休止。
メンバーはソロ活動しているそうです。

そんな彼らが一つのグループだったときの、輝かしい曲です。

「若いうちに楽しもうよ」
「出会ったばっかりでもセ〇クスしよう」
って歌詞ですね(汗

続きを読む

アクセントの発音さえ丁寧にすれば、他はイイカゲンで良い理由

ネイティヴと会話をしていて、困ることはたくさんあると思います。

例えば、
「自分が知っている単語のはずなのに、何と言っているのか分からない」
とかよくありませんか。

その原因のひとつは、アクセントによる単語内の強弱です。
ネイティヴは、アクセントのある箇所以外は実にイイカゲンに発音する人がごまんといます。

この学校では教えてくれない発音の法則について、今回は取り扱います。

続きを読む

QUEEN の ’39 で英語学習[歌詞・和訳]

[歌いやすさ]易
[表現の難易度]基本(高校)

QUEENといえばフレディ。
髭面にタンクトップの、世界一有名なゲイ。

ですが、ブライアン・メイも良い曲つくってますよね!
カントリー調の、じーんとくる名曲です。

続きを読む

QUEEN の We Will Rock Youで英語学習[歌詞・和訳・カタカナ]

[歌の難易度] 普通
[表現のレベル] 基礎(中学・高校)

CMでお馴染みの曲ですね。
ただ、CMの和訳はぜんぜん違うと思っています。

「いつかアッと言わせてやるぜ!」
と一生言い続けてるだけの、ダサイやつを歌った曲。
そういう曲だとヘタレは理解しています。

続きを読む

ONE OK ROCKのOne Way Ticketで英語学習[歌詞・和訳・カタカナ]

[歌の難易度]易
[表現のレベル]基礎・基本

やさしい表現が多く、曲調もゆっくり。
非常に歌いやすい曲です。

表現自体も、よく使われるものばかり。
しかも受験にもよく出る表現が多いですね。
若者受けも良いでしょうし、受験にも役立つはで、覚えて損のない曲です。

英語の発音の基礎が詰まっていますので、英会話初心者にもオススメの曲ですね。
続きを読む