フレディが「ヴィッレジ・ピープルみたいだ」と言われた理由 [映画ボヘミアンラプソディー]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィレッジ・ピープルのメンバー


装いを改め、ヒゲも生やしたフレディ。
新築の大豪邸にメンバーを招いて、こう尋ねます。

「どうかな?」
「ヴィレッジ・ピープルみたいだ」
「格好のことじゃない。家のことだ」

さて、引き合いに出されたヴィッレジ・ピープルとは何者で、どうしてこんな台詞が出てきたのでしょう。

ヴィレッジ・ピープルとは



アメリカのアーティスト。
アメリカの伝統的なゲイスタイルをしたメンバーがいます。
もちろん、皆さんゲイです。

ゲイをネタにした曲



そんなヴィレッビープルの代表曲のひとつが『Y.M.C.A.』(歌詞と和訳はこちら)

西城秀樹が日本語カヴァーしたあの曲です。
Y.M.C.A.はキリスト教青年会のモータル(木賃宿)で、ハッテン場として使われてきたのでゲイの代名詞とされています。

フレディに「ヴィレッジ・ピープルみたいだ」と言った理由

ゲイをネタにした曲で、メンバーの一人があからさまなゲイファッションをしている、ゲイだらけヴィレッジ・ピープル。
これに似ているってことは、つまり、そういうことです。
「お前ゲイっぽいぜ」って言ったんです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*