Little RichardのLong Tall Sallyで英語学習[歌詞・和訳・カタカナ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[歌の難易度]中
[表現のレベル]基礎(中学)、マニアック

邦題『のっぽのサリー』。
米国ホームドラマの『フルハウス』でも、「のっぽのサリー」をもじって「出っ歯のサリー」って言ってました。

「ビートルズが好きな人に、これが嫌いな人はいない」
と言われるような名曲。
最初期のロックンロールで、ロックの歴史の草分けです。

歌詞も、好きだの恋だの平和だのとは無関係。
「ジョンおじさんが浮気してるよ。メアリーおばさんに知らせなきゃ。今夜や見物だよ!」
とおどけて歌う、ノリだけの曲です。
この単純で気持ちの良いところが、黎明期のロックの魅力ですよね!

なお、GTAライクなゲーム『Mafia 3』でもBGMに使われているそうです。

たまにマニアックな語彙がありますが、文法そのものは平易。
ただ、歌うのはところどころ難しい。
それというのは、流れに乗って流暢に発音する必要があるから。
「英語らしい流暢な発音」を身につけるのに適した曲です。

1.Little Richardとは何者か

Chuck Berry(映画『Back To The Future』で名前だけ登場)達と共に、ロックンロールの草分けとされる人。
彼らからロックが始まった。
ちなみにゲイ。

2.歌詞

[1]
I’m gonna tell Aunt Mary ‘bout Uncle John
He said he had the misery
But he got a lot of fun oh
Baby, yeah now baby
Ooh baby, havin’ me some fun tonight, yeah
メアリーおばさんに言わなきゃ ジョン叔父さんのこと
おじさんは自分をみじめだと言うけど
すごい楽しんでた
“オー ベイビー、ウー ベイビー ”
“今夜は俺と楽しもうぜ!”

[2]*
Well Long Tall Sally’s built pretty sweet
She got everything that Uncle John needs
Baby, yeah now baby
Woo baby, havin’ me some fun tonight
*のっぽのサリーは スタイルも良くってとっても素敵
彼女はジョン叔父さんの理想を全て兼ね備えてる
オー ベイビー、ウー ベイビー
今夜は俺と楽しもうぜ!

[2]**
I saw Uncle John with Long Tall Sally
He saw Aunt Mary comin’
and he ducked back in the alley
Oh, baby, yeah now baby
Woo baby, some fun tonight
ジョン叔父さんが のっぽのサリーといるのを見たよ
おじさんはメアリー叔母さんが来るのを見て
あわてて路地裏にしゃがんで隠れたんだ
オー ベイビー、ウー ベイビー
今夜は俺と楽しもうぜ!

[3]
Repeat*

[4]
Repeat**

[5]
Well, we’re gonna have some fun tonight
Have some fun tonight
Everything’s all right
Have some fun tonight
Have some fun
Yeah, yeah, yeah
今夜は俺と楽しもうぜ!
今夜は楽しもうぜ!”
全てうまく行くさ”
今夜は ちょっぴり楽しもうぜ!
ちょっと楽もうぜ!
今夜は俺とちょっぴり楽しもうぜ!

3.英語表現

<覚えると便利な表現>
・He said (that) S V
・everything that S V
・see/saw O C
<面白い表現>
・long tall:のっぽ
・build:スタイルが良い

以上の表現について見ていきましょう。

第1段落

He said he had the misery
(彼は惨めな目に遭ってると言った)

He said (that) S V

彼はSがVすると言った
※関係詞thatは省略可能

havin’ me some fun tonight

have some fun:楽しむ
を口語的に崩した表現と判断。
「”me” にsome funを提供する」ということかなと。

第1段落

Long Tall Sally’s built pretty sweet
のっぽのサリーはスタイル抜群でとても可愛い

long tall:のっぽ
build:スタイルが良い
pretty:かなり
sweet:素敵な

She got everything that Uncle John needs
彼女はジョンおじさんの理想を全て兼ね備えてる

everything that S V

“everything(全て)” を、 関係詞の that S Vで修飾している。

[She][got][everything][that Uncle John needs]
(彼女は)(手に入れた)(全てのもの)(ジョンおじさんが必要とする)
 ↓
(ジョンおじさんが必要とする 全てのものを 彼女は手に入れた)
 ↓
(彼女はおじさんの理想そのもの)

なんて訳したらカッコイイですよね。

第3段落

I saw Uncle John with Long Tall Sally
ジョン叔父さんが のっぽのサリーといるのを見たよ

see/saw O C

see O C:OがCの状態でいるのを見る
saw O C:OがCの状態でいるのを見た

なので、

[I][saw][Uncle John][with Longa Tall Sally]
(私は)(見た)(ジョンおじさんが)(のっぽのサリーと一緒にいるのを)
 ↓
(私は、ジョンおじさんが、のっぽサリーと一緒にいるのを見た)

となります。

4.歌い方

かな~り訛っているというか、音が変化してます。
音の連結では説明のつかない箇所がいっぱい。
何度もリピートして、しっかり聴いてください。

次のかたまり毎に、一息で歌います。
「/」で区切ることを意識してください。
また、( )の中は慣れるまで発音しなてくOKです。

第1段落

I’m gonna tell Aunt Mary / ‘bout Uncle John
(ア)ゴナ テル アントメアリー / ボウ アンクォジョン

He said he had the misery
(ヒ) セヒハザ ミザリ
But he got a lot of fun oh
バヒゴタ ロトブ ファノオ
Baby,
ベイベ

    yeah now baby
  イェーナー ベイベー
Ooh baby, havin’ me some fun tonight, yeah
ウーウーウー ベイベー ハヴィミ サンファン トゥナイ イェア

第2段落

Well / Long Tall Sally’s / built pretty sweet
ウェル / ロントーサーリーズ / ビル プリティスィ
She got
シガッ

    everything that Uncle John needs
    エヴィシン (ザ) アンコジョニーズ
Baby, yeah now baby
ベイベー イェーナーベイベー
Woo baby, havin’ me some fun tonight
フーウーウー ベイベー ハヴィミサンファン トゥナイ

第3段落

Well I saw Uncle John with / Long Tall Sally
ウェルァ ソー アンコジョン ウィズ / ボントンサーリー

He saw Aunt Mary comin’
ヒソ アントメーリー カミ
and he ducked back in the alley
ナヒ ダキバッキン アーロォー
Oh, baby,
  ベイベー

こんな調子で、音が連結しまくっています。
のみならず、歌いやすいように音が変化しています。

よく聴いて、聴こえた通りに歌いましょう。

5.ビートルズもカヴァー

なお、ビートルズもカヴァーしてます。
こちらは音が謎の変化をしておらず、非常に聞き取りやすく、歌いやすいです。

そして、ビートルズの来日公演の前座として、ドリフターズも歌ってます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*