MuseのPsychoで英語学習[歌詞和訳付き]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


[歌の難易度]
[表現のレベル] 基本(高校)

PVを見て度肝を抜かれたり、爆笑したことでしょう。
スタンドが出てきたかと思えば、太ったハートマン軍曹みたいな人が罵倒してきたり。
その後もスタンド使いのような人が現れたりと、ネタに尽きません。

もちろん、歌詞だってネタのようなものです。
とはいえ、Google先生によれば、世の中を風刺した曲を作ってるグループとの事です。


カラオケで冒頭部を言えると気持ちいいですよね!
是非、冒頭部は覚えてください。

1.どんな曲か


軍事のアレコレを風刺した曲みたいですね。
戦争反対! 平和! 軍縮しろ!
みたいな感じなんでしょうか?

とはいえ、PVは完全にネタですが。

2.歌詞


[冒頭部]
If you do not do
what you’re told to do
when you’re told to do it,
you will be punished
Do you understand?
もし しなければ
しろと言われたことを
しろと言われたときに
貴様には 罰が与えられる
わかったか

Aye, sir
了解であります サー

If you leave my base
without proper authorisation,
I will hunt you down
and throw your ass in jail
Do you understand?
もし 俺の基地を去ったなら
しかるべき許可なく 
追いかけて捕まえて
貴様のケツを 独房にブチ込んでやる
分かったか

Aye, sir
了解であります サー

I can’t hear you!
聞こえんぞ

Aye, sir!
了解であります サー

Scream it!
声を張れ

Aye, sir!
了解であります サー

Your ass belongs to me now!
貴様のケツは 今から俺のものだ

Aye, sir!
了解であります サー

[1]
Love, it will get you nowhere
You’re on your own,
lost in the wild
So come to me now
I could use someone like you,
someone who’ll kill on my command
and asks no questions
愛は どこへも導いちゃくれない
ずっと一人きりで
野放しになって 迷うのさ
だから 俺のトコへ来いよ
俺は お前のようなヤツを うまく使ってやれる
俺の命令に従って 殺しができるようなヤツを
しかも いちいち質問なんかしない そんなヤツを

[2]*
I’m gonna make you, I’m gonna break you
I’m gonna make you, a fucking psycho
a fucking psycho, a fucking psycho
Your ass belongs to me now
お前を 変えてやるぜ ブッ壊してやるぜ
お前を 変えてやるぜ イカれたキチガイにな
イカれたキチガイに イカれたキチガイにな
お前のケツは 俺のものだ

[間奏部]
Are you a human drone?
お前は 人間ドローン(無人爆撃機)か

Aye, sir!
そうであります サー

Are you a killing machine?
お前は 殺人マシーンか

Aye, sir!
そうであります サー

I’m in control, motherfucker, do you understand?
俺がお前を支配しているんだ マザーファッカーめ 分かったか
Aye, sir!
了解であります サー

[3]
Your mind is just a program
And I’m the virus
I’m changing the station
I’ll improve your thresholds
I’ll turn you into a super drone (super drone)
And you will kill on my command
And I won’t be responsible
お前の心は プログラムのよう
すると 俺はさしずめ ウィルスだ
お前を 転属させてやって
お前の 閾値を変えてやって
お前を スーパードローンに変えてやる
そうしたら お前は 俺の命令で殺しをやるんだ
俺の責任にはならないがな

[4]
Rpeat*

[間奏部]
Are you a psycho killer?
Say “I’m a psycho killer!”
お前は キチガイ殺人鬼か
「自分は キチガイ殺人鬼です」と言え

I am a psycho killer!
自分は キチガイ殺人鬼であります

Scream it!
声を張れ

I am a psycho killer!
自分は キチガイ殺人鬼であります

Show me your war face!
ウォーフェイスを見せてみろ

AHHHH!
あああああああ!

You are a pussy!
I said show me your war face!
お前は タマ無し野郎か
ウォーフェイスを見せてみろと言ったのだ

AHHHH!
あああああああ!

[5]
Repeat*

[6]
I will break you, do you understand?
(Aye, sir!)
お前をブッ壊してやるぜ 分かったか
(分かりました サー)

[7]
You fucking psycho
Your ass belongs to me now
お前は イカれたキチガイだ
お前のケツは 俺のものだ

3.英語表現


歌詞を和訳するにあたって、解釈が難しい表現がいくつか出てきました。
以下、その解説です。

station:駐屯場所

「駐屯場所を変える」=「転属させる」と解釈して、先の訳に。

threshold:閾値

コンピュータ用語の「閾値」。
その値を超えれば1、越えなければ0と見なされるような値のこと。
これをimprove(改善)する=敏感に命令に反応するようにする、と解釈。

war face:ウォーフェイス

PVでやってたアレ。戦争映画でよく見るアレ。
そもそも、日本の例えば自衛隊はこんなことはしません。
どこぞの動画でも、西洋の軍隊は大声出して威嚇しながら突入するけれど、
日本の自衛隊は音を立てずに忍者のように動く、とありました。

4.歌い方


ゆっくりで歌い易い曲です。
聴こえた通りに歌いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*