QUEEN の We Will Rock Youで英語学習[歌詞・和訳・カタカナ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


[歌の難易度] 普通
[表現のレベル] 基礎(中学・高校)

CMでお馴染みの曲ですね。
ただ、CMの和訳はぜんぜん違うと思っています。

「いつかアッと言わせてやるぜ!」
と一生言い続けてるだけの、ダサイやつを歌った曲。
そういう曲だとヘタレは理解しています。

1.QUEENとは何者か

英国ロック界の伝説です。
「英国一のバンドは?」
と聞かれた英国人が答えるのは、THE BEATLESかQUEENらしいです。

ヴォーカルのフレディ・マーキュリーは超有名ですよね。
髭面にタンクトップの、世界一有名なゲイ。
彼の名前を星に名付けた天文学者もいるそうですし。

2.歌詞

[1]
Buddy you’re a boy, make a big noise,
playing in the street
gonna be a big man some day
You got mud on yo’ face
You big disgrace,
kickin’ your can all over the place,
singin’
“We will we will rock you
We will we will rock you”
お前はガキで こう叫んでばかりいやがる
街で遊びながら
「いずれ大物になるぜ」ってね。
お前は 顔に泥つけて
すんごくダサいヤツで
そこらじゅうで好き放題に缶蹴りして
こう歌ってやがる
「お前達をあっと驚かせてやるぜ
お前達を揺さぶるぜ」

[2]
Buddy you’re a young man, hard man
shouting in the street
gonna take on the world some day
You got blood on yo’ face.
You big disgrace,
waving your banner all over the place,
We will we will rock you
(Sing it now!)
We will we will rock you”
お前は若造で しかも乱暴で
街でこう叫んでばかりいやがる
「いずれ世界を動かすぜ」ってね。
お前は 顔に血をつけて
すんごくダサいヤツで
そこらじゅうで好き放題に旗を振り回してやがる。
お前達をあっと驚かせてやるぜ
(さあ歌え!)
お前達を揺さぶるぜ

[3]
Buddy you’re an old man, poor man
pleadin’ with your eyes
gonna make you some peace some day.
You got mud on your face,
big disgrace.
Somebody better put you back into your place.
We will we will rock you
(Sing it!)
We will we will rock you
(Everybody)
お前は哀れな老人で
目で訴えてやがる
「いつか 平穏に暮らしたい」ってね。
お前は 顔に泥つけて
すんごくダサいヤツだから
誰かに連れて帰ってもらった方がいいよ。
お前達をあっと驚かせてやるぜ
(さあ歌え!)
お前達を揺さぶるぜ
(お前らも)

3.英語表現

ほぼ同じパターンで繰り返しになります。
なので、1番のみ取り扱うことにします。
2・3番も出てくる文法は同じなので。

<覚えると便利な表現>
・-ing
(~しながら[分詞構文])
・get O C
(OをCの状態にする)

<使えるとカッコイイ表現>
・make a noise
(不満を言う)

・make a big noise
(大きな声で不満を言う)

“make a noise”が「不満を言う」です。

・plyaing in the street
(街で遊びながら)

分詞構文ですね。
“, -ing”で「~しながら」という意味になります。

なので、”, playing”で「遊びながら」です。

・got mud on yo’ face
(泥をおまえの顔につけて)

“yo'” は “you”を短縮した表記。
“get O C”で「OをCの状態にする」という意味。

なので “got [mud] [on yo’ face]”は
[泥]を[顔についた状態]にする という意味です。

・kickin’ your can all over the place
(あちこちでカンを蹴りながら)

分詞構文ですね。
“, -ing”で「~しながら」という意味になります。

なので、”kickin’ your can”で「おまえのカンを蹴りながら」です。

以上、[1]番の歌詞でした。
[2]番、[3]番も同じ文法表現ばかり登場します。
繰り返し構造になっているので、覚えやすいですね。

4.歌い方

この曲は音の連結が沢山あります。
洋楽に慣れていないと、歌うのがムズカシイ。

逆に得場、これが歌えるようになると、それらしい発音(=音の連結)に習熟します。
英会話の登竜門みたいな曲ですね、

発音(カタカナ)

[1]
Buddy you’re a boy, make a big noise,
バディ  ヨアボーイ  メカ  ビッグノイズ
playing in the street
プレインザ ストリート
gonna be a big man some day
ゴナ ビア ビッ マン サムデイ
You got mud on yo’ face
ユゴッ マッドン ヨフェイス
You big disgrace,
ユ ビッグ ディスグレイス
kickin’ your can all over the place,
キキニョーカン ノー オバザ プレイス
singin’
シギン
“We will we will rock you
ウィー ウィル ウィー ウィル ロッキュー
We will we will rock you”
ウィー ウィル ウィー ウィル ロッキュー

[2]
Buddy you’re a young man, hard man
バディ  ヨア  ヤンマン   ハーマン
shouting in the street
シャティング ザ ストリート
gonna take on the world some day
ゴナ テコン ザ ワールド サムデイ
You got blood on yo’ face.
ユゴッ ブラッドン ヨフェイス
You big disgrace,
ユ ビッグディスグレイス
waving your banner all over the place,
ウェヴィニョー バナ オルオバサ プレイス
“We will we will rock you (Sing it now!)
ウィー ウィル ウィー ウィル ロッキュー(シンギッ ナウ)
We will we will rock you”
ウィー ウィル ウィー ウィル ロッキュー

[3]            
Buddy you’re an old man, poor man
バディ   ヨアノーマン   プアマン
pleadin’ with your eyes
プレディウィジュライズ
gonna make you some peace some day.
ガナ   メキュ サン   ピーサムデイ
You got mud on your face, big disgrace.
ユゴッ マッドン ヨフェイス ビッグ ディスグレイス
Somebody better put you back into your place.
サンバディ ベタプッチュバー  イントゥヨープレイス
We will we will rock you (Sing it!)
ウィー ウィル ウィー ウィル ロッキュー(シンギット)
We will we will rock you (Everybody)
ウィー ウィル ウィー ウィル ロッキュー (エヴィバディ)

注意する箇所

コツは洋楽で英会話をマスターする4つのステップで紹介したように、聞こえたとおりに歌うことです。

なぜなら、音の連結音の脱落が頻発する曲だからです。

歌うときは、次のポイントを意識してみてください。。

Step1:聞こえたとおりに歌う

1番は、次の5パートに分けて、それぞれ一息で歌います。
息継ぎはしません。一気に歌います。
また、 / で区切るように意識してください。

Buddy you’re boy, make a big noise,
plyaing in the street,
(バディ ヨアボーイ、メカ ビッノイ、
 プレインザストゥリー)

gonna be a big / man some day
You got
(ゴナ ビア ビ / マン サムデユゴッ)

    mud on yo’ face,/
You big disgrece,
(マッドンニョ フェイス、/
 ユ ビッグディスグレイス)

kickin’ your can / all over the place,
(キキニョーキャー / ノーノバザプレイス)

singin’/
We will / we will / Rock you
(シンギン/
 ウィーウィル ウィーウィル ロッキュー)

こうして歌ってみると、それっぽく聞こえませんか。
「音の連結」と「音の脱落」が、それっぽさの秘訣です。

Step2:発音の精度を高める

歌い慣れてきたら、もっと発音を丁寧にしてみましょう。

たとえば、[1]番の出だしです。

Buddy you’re boy, make a big noise,
(バディ ヨアボーイ、メカ ビッノイ)
  ↓
Buddy you’re boy, make a big noise,
(バディ ヨアボーイ、メカ ビッノイ)

というふうに、どんどん精度を上げていってみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*